Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!

最新版「Office 2016」が登場。通販・価格比較・製品情報をまとめました

2017 最新Mac用Office 2016 Home & Business ダウンロード版

Office 2016 はどれを買うべき?新しい購入形態の比較

Officeの最新バージョン「Office 2016」の提供が開始されました。大きく分けると、下記の3つの形態で提供されています。これらの形態の違いについて詳しく整理してみましょう。
● Office 2016(パッケージ版)
● Office 365 Solo
● Office Premium

Office 2013とOffice 2016は同時に利用できません。Excel 2016などの単体製品も同様です。2016バージョンをインストールすると、2013バージョンがアンインストールされるのでご注意ください。両バージョンが共存できるケースもあるようですが、あくまで「移行期間の手段」であり、「技術的な問題が発生する可能性もある」として推奨されていません。

Officeのエディションを間違って購入(Office Home & Business 2016 for MACの再購入)

Office2016がリリースされたため、Office Home & Businessを購入しました。

しかし、Office for MACバージョンを購入するはずが、 普通のOffice Home & Business 2016を間違って購入!

Office Home & Business 2016は対応OS毎にエディションの違いがあり、マイクロソフトストアで購入した際に、「Office Home & Business 2016 for MAC」を購入しなければならないとことを、「Office Home & Business 2016」を購入してしまいました。
そして、このOfficeはWindows PCのみインストール可能・・・MACじゃ使えません。。

マイクロソフトストアで購入していたおかげか、返金・fot MACの再購入はできたわけですが、どうやら返金はサポートセンターの電話窓口でしか受け付けてないようなので少し手間でした。

忘備録兼ねてメモ。僕と同じく間違えてOffceを購入してしまった人もいるだろうし。

Microsoft Office 2016 Academic 購入方法・価格まとめ

Office 2016 Personalや、Office 2016 Professionalなど、通常版のOffice製品は店頭での購入のほか、オンラインのMicrosoft Storeでも購入できます。

しかしながらMicrosoft StoreにはAcademic版の販売ページがありません。
実際にOffice 2016の販売ページを見てみてもAcademic版はどこにも書いておらず、購入できないことがわかります。

Microsoft Office 2016 Academic版の購入を検討されている方向けに、購入方法・価格・インストール方法をまとめました。

先日私自身も購入したので、自身の体験をもとに情報をお伝えします。
Academic版は学生、教職員、教育機関の方向けですので、購入時には在籍を証明する書類をレジで提示する必要があります。

学生の場合は学生証などを提示すれば問題ありません。

店頭で購入する方法は以上です。
私自身、非常に簡単に購入できました。

Microsoft Office for Mac Home & Business 2016を購入,Mac最大2台でインストール可能な永続ライセンス

Microsoft Office for Mac 2011を3台以上使う方法(解除して切替)

Microsoft Office for Mac 2011を利用していたが、Macの買い替えに伴い、4台目への登録が必要となった。

Microsoft Office for Mac 2011は3台までの利用制限があるが、サポートセンターに電話して確認したところ、どれか1台を未使用にすれば4台目でも利用可能だった。

ググっても情報出てこなかったのでメモ。

・Officeを使わなくなったMacからOfficeをアンインストールする
 ・アプリケーションからMicrosoft Office 2011のフォルダごとゴミ箱に入れ、空にする
 ・これで1台が解除され、3台登録状態から2台に変更されるとのこと
 ・まれにこの解除がうまく動かない場合があるので、その際はサポセンに電話

・新しいMacBookMicrosoft Office for Mac をインストールする
 ・プロダクトキーの入力
 ・まれに台数制限のエラーが出てしまうことがあるらしい。その場合はサポセンに電話

これで端末の更新でもMicrosoft Office for Mac 2011は3台まで使える。

Office2016をプロダクトキーからアクティベーションする方法

例えばOffice365を買った場合、Microsoftアカウントへ事前にライセンスが付与されます。
しかし一方で、従来通りプロダクトキーによるアクティベーションも可能であり、例えばMSDNサブスクリプション等が該当します。

というわけで、アクティベーション方法まとめです。
全体として、Office.comへのライセンスの登録と、Word等からのアクティベーションの2段階となります。
今回はOffice2016 for Macアクティベーションしました。

Office for Mac プロダクトキー無くしました

現在、Office Mac 2004を使っておりOfficev.X for Macは、使用していませんでしたが、仕事の取引先がOfficev.X for Macを使っており、同じものがあるなら、同じバージョンでやり取りしたいとの至急要望が在り、急きょ探したのですが、見つかりません。
ケースと、媒体はあります。
以上のような状況で、困っており、場違いかと思いましたが、書き込みをしました。
どなたか、良い案は無いでしょうか。

Office2016でどのプロダクトキーを使ったのかを知る方法

Windows 10とOffice 2016が発売され、二ヶ月ほどが経ちました。Windows 8.1以前のPCでは罠かと思うようなアップデート案内も出ていますので、導入された方も多いのではないでしょうか。
私はプレインストール機の導入を依頼され何十台か触っているのですが、変更点について多くの発見があります。今日はそんな中でOffice 2016の変更点に関する記事です(厳密には2013の頃からの変更点になるのですが)。
Office 2016のWebサイトを見てみると、新機能として「共同作業をより簡単に」「使いやすさの追求」などの項目が紹介されています。
ですが、私が何より新しいと思った点は「DVDなどのメディア販売が中止され、POSA(カード式)の販売のみになった」という点です。パソコンにプレインストールされているOfficeをお使いの方はそうでは無いと思いますが、自分が使っている2台のパソコンに入れたいと考えている方などは、こちらの形態で購入されていることでしょう。

OS X El CapitanにOffice 2016 for Macをインストー

msdnサブスクリプションを持っているのでmsdn subscriptionsからダウンロード。Office Home and Business 2016 for Macのダウンロードサイズは1,159MB。Previewでは2.66GBもあったので、内容は異なるようだ。
サインインダイアログに切り替わる。Office 365のアカウントを入れる。Office 365アカウントもBizSparkで付与されたもの。このmsdn サブスクリプションからダウンロードしたpkgは、通常のMicrosoftアカウントでサインインしても、プロダクトキー入力に遷移しなかった。オレだけだろうか。

Office 2016 for Mac プロダクトキー 購入,最安価格¥ 9,800 ダウンロード版 永続 / 2台

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売

Mac版Officeの最も近いアップグレードは2011年発売のOffice For MAC 2011に止まり、一方これまでの数年間にWindows版は何回もアップグレードされました。2013年発売のOffice365がMac版を含むとは言え、相変わらずOffice For Mac 2011でした。ゆえに、仕事中にMacを使うユーザにとって、この新バージョンの価値は極めて大きいのでしょう。
Office 2016 for Macクラウドサービスに基づき、ユーザはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスでき、この点はWindows10とよく似ています。

新バージョンは新機能の追加以外、MacのUIデザインとシステム特性に合わせ、完璧にMacに対応するようになりました。例えば:フルスクリーン、マルチポイントタッチ及びRetinaディスプレイに対応する数千のHDアイコン、またファイルのローリング効果のような細かい進化もあります。

blog.livedoor.jp

Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)

第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。
 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelPowerPointがパッケージされています。

 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。

 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。

 ご存じのように、最新のMacbookiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

ithome.blog.jp

Office 2016 ライセンス認証

マイクロソフト ライセンス認証とは

ライセンス認証は、利用しているOfficeが正規のものであることを確認するためのものです。
Officeを新たにインストールした後、すぐにライセンス認証を行ってください。

認証する前に

ライセンス認証を行うためには、ネットワークに接続している必要があります。ネットワークに接続できていることを必ず確認してください。
① Office製品(Word、Excelなど)を起動します。
② メニューバーの[ファイル]をクリックします。

① [アカウント]をクリックします。
② 右側の「製品情報」項目内で「ライセンス認証が必要です」と表示されている下の[プロダクトキーの変更]をクリックします。
プロダクトキー」(ライセンスキー)を入力します。
① 正しいプロダクトキーが入力されると、[インストール]ボタンが表示されます。
② [インストール]ボタンをクリックします。

開いているOfficeを終了し、再度開きます

[ファイル]-[アカウント]をクリックします。
「製品情報」項目内に「ライセンス認証された製品」と表示されていれば、ライセンス認証済みです。

1つのソフトウェアでライセンス認証されれば、同じPCにインストールされているOffice製品にライセンスが適用されます。

使用する言語を追加する-言語パック(Multilanguage Pack)

Officeに言語パックを適用すると、Officeの表示言語の変更、ヘルプへのアクセス、指定した言語での校正ツールと編集ツールの使用が可能になります。

入手方法

窓口で貸出をしているOfficeのパッケージに言語パックは同梱されています。
用意されている言語以外の言語を希望する場合は、窓口にご相談ください。

言語のインストール方法:Office2016

言語パックのDVDをPCにセットします。(自動起動しない場合は「setup.exe」を実行します。)
「ユーザーアカウント制御」(「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」)ウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
インストールしたい言語の「Microsoft Office Language Pack」を選択し、画面の指示に従ってインストールを完了してください。

言語のインストール方法:Office2010、Office2013

言語パックのDVDをPCにセットし、開きます。
インストールしたい言語のフォルダをダブルクリックします。
「setup.exe」をダブルクリックします。
「ユーザーアカウント制御」(「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」)ウィンドウが表示されたら、「はい」をクリックします。
Microsoft Office Language Pack」を選択し、画面の指示に従ってインストールを完了してください。

表示言語の変更方法

「スタート」ボタンー「すべてのプログラム」をクリックし、「Microsoft Office」内の「Microsoft Office ツール」をクリックし、「Microsoft Office xxxx 言語設定」をクリックします。
「表示言語とヘルプ言語の選択」項目で、表示したい言語をクリックし、枠の右側にある上向き三角ボタンを目的の言語が一番上になるまでクリックします。
[OK]ボタンをクリックします。
※Officeが開いている場合は、Officeを一旦閉じて再度開き直すと表示設定が有効になります。

複数バージョンのOfficeの共存について

複数のバージョンのOfficeを共存させるためには、古いバージョンのOfficeから順にインストールを行う必要があります。
古いバージョンのOfficeを新しいバージョンのOfficeの後からインストールすると、各バージョンの設定が正しく動作しません。

古いバージョンのOfficeがインストールされている場合

Outlookを使用している場合、送受信したメールやアドレス帳などのデータは削除されませんが、念のため事前にバックアップを取ることをお勧めします。
新しいバージョンのOfficeをインストール (「カスタム インストール」、または「ユーザー設定 インストール」)します。
Outlookは一番新しいバージョンのみが有効となります。複数バージョンの共存はできません。

新しいバージョンのOfficeがインストールされているPCに、古いバージョンのOfficeをインストールする場合

共存させるためには、古いバージョンのOfficeから順にインストールを行う必要があります。
次の順番どおりに作業を行わないと、各バージョンの設定が正しく管理されません。

新しいバージョンのOfficeをアンインストールします。
Outlookを使用している場合は、アンインストールを行うことにより、送受信したメールやアドレス帳などのデータも削除されます。
事前に必ずバックアップを取ってください。
古いバージョンのOfficeから順番(例:Office2010 → Office2013)にインストールを行います。

Office for Mac 2016のWindows版との互換性,Mac用のオフィスソフトをお得に購入する場合におすすめなモデルはどれ?

Officeソフトは、Mac用の場合も、マイクロソフトのOffice 2016が標準となります。現状の世界のビジネス標準がOfficeフォーマットであるため、これは仕方ないことです。

 Windows版Office2016との互換性は、Office 2011時代に劇的な進化があり、マクロを含めて、ファイルのやり取りで書式が崩れることはほぼなくなりました。

 なお、Macの場合は、AccessやPublisherなどの業務用ソフトはオフィスに入りません。

 ソフトの軽快さは、画像などが過度に挿入されていない軽量なファイルならば、Windowsに較べても「もたつく」ことは減りました。ただし、「キーに対する反応が素晴らしく良い」とは言えない標準レベルではあり、こと、ワープロについては、より軽快に打てるMAC用ソフトが他社から販売されている状況です。

 なお、前バージョンのOffice2011との違いは、インターフェースの上でのWindows版との互換性の向上で、リボンなどの配置の統一化が計られた点ですm。また、レティナディスプレイへの完全対応も大きなポイントになります。

ファイルの互換性も確保されており、Office形式で出力できます。Office2016のユーザーとのファイルのやり取りは、基本問題ありません。そのため、ビジネスに使うわけではない方は、こちらのソフトで済ませるのも「あり」です。互換性はかなり良く、よほど難しいレイアウトにしていない限り、書式が崩れることも、さほどありません。

 ただし、エクセルなどのマクロに対応しない点、一部の関数が異なる点、プレゼンソフトのアクション・アニメーションが異なる点、ワード専用のフォントが付属しない点、などは、マイクロソフトのオフィスと「全く同じ」ではありません。

 自宅で個人的に使う分には、これらのソフトで問題ありません。ただ、完全に互換しているわけではないので、会社の書類を編集する場合は、マイクロソフトの純正ソフトを利用する方が良いでしょう。

「Office Home & Student 2016 for Mac」と「Office Home & Business 2016 for Mac」の2種類があります。パッケージ版とありますが、DVDなどの媒体販売はなくダウンロードのみです。

Office 365 Soloとの違いは、永年ライセンスである点、導入できるマシンがマック2台までに限られる点(スマホなどへも不可)、ソフトが異なる点、途中でバージョンが変わるアップグレードがあっても無料更新できない点(同じバージョン内でのアップデートは可)、OneDriveの容量などです。

特にOffice Home & Student 2016 for Macのソフトは、Word・ExcelPowerPointとノートソフトのOneNoteのみとなり、どういうわけかメールソフトのOutlookが付属しないので要注意です。

今回はMac版のOfficeを実際に使ってみて感じたことを簡単に書いてきましたが、あくまでも個人的な意見であり、決してMac版のOfficeを否定している訳ではありません。

Win、Macの2台持ちであれば、Win上での使用をオススメしますが、Mac一台での利用を考えている方には、購入すべきですね!結局なんの作業するにもExcel、Word必須ですよね。

僕も外出する際にはMacBookしか持たないので、そこではMac版のOfficeを利用しています。

家での作業の時にWin版、Mac版を選べるならWin版を選ぶだけの話です。

特にMacBookをお持ちの方は僕もそうでしたが、一台でコンパクトにしたいと思います。

この記事を読んで不安になったかもしれませんが、Mac版Officeの購入を検討されている方は、一度、友人などインストールしている方のOfficeを一度操作してみてください。

もしかしたら、ここでの内容の意味が少し理解できるかもしれません。

まあ、MacはOffice以外では完全に勝利していますので、PCとしては個人的に間違いなくMacを選ぶんですけどね! そういう意味ではMac版Officeに慣れて使いこなせたらWindowsは卒業となっちゃうのでOfficeはWindowsでいいかな!今はと思っています。

Office 2013各バージョンの価格•購入•認証•ダウンロードとアクティブ化

office 2013のダウンロードとインストール方法

数年前のxpの時代では、常用するオフィススイートは2003でした。
2014年xpの引退につれ、新システムにおいて、officeもoffice 2013にアップグレードされました。
今では、多くの家庭はpcを必要とし、自ら組み立てたり、メーカー品を購入したりしています。/、
nこのようなpcには、プレインストールのofficeなどの必須アプリケーションがなく、別途officeを購入しインストールしなければなりません。
当初のoffice 2013パッケージ版は、今では家庭版と企業版に分けられ、現在販売中のoffice 2013はパッケージ版がなく、オンライン注文、ダウンロード、メールでアクティベーションコードを受信することになっています。
(office 2013から、microsoft社は単独アカウントの複数用途を導入しました。アカウントでmicrosoft社のアプリケーション商品とバンドリングすれば、そのままアカウントにログインし商品をアクティブ化できます)
パッケージ版office 2013を購入する場合、DVDの代わりに、簡単なハンドブックとプロダクトキーの入っているカードしかありません。
公式サイトからofficeをダウンロードしておく必要があり、詳しいダウンロード方法に関して、ハンドブックのURLにアクセスし、プロダクトキーのカードに記載してある25文字のプロダクトキーを入力したら、それぞれ商品のダウンロードページにジャンプし、そしてmicrosoftアカウントにログインし、office 2013をアカウントとバンドリングします。
アカウントがなければ、このページから登録してください。このアカウントはmicrosoftその他商品にも使えるため、紛失のないように、アカウントとパスワードをよく保存してください。アカウントにログインしたらダウンロードとインストールに入ります。
通信速度が十分であれば、あまり時間かからずにダウンロードとインストールが完了し、ガイド画面を閉じれば、office 2013が使えるようになります。
office 2013は、word、excelpowerpointのパターンを多くプレインストールしており、word、excelpowerpointの初心者には、かなり使いやすいです。

office 2013は合計4つバージョンがあります:

Professional・・・Word、ExcelOutlookPowerPointOneNote、Publisher、Access
Home & Business・・・Word、ExcelOutlookPowerPointOneNote
Personal・・・Word、ExcelOutlook
Professional Academinc・・・Word、ExcelOutlookPowerPointOneNote、Publisher、Access
それぞれバージョンは含むアプリケーションが異なり、当然価格も違います。
異なるofficeバージョンを比べてみたら、一番常用のofficeアプリケーションがword、excelpowerpointに集中し、
その他アプリケーションを使う場面が少ないため、Personal版のofficeを購入する方が多いようです。
Office 2013正式版はwindows7以上の環境にて作動可能です。

Microsoft office 2013 製品のポジショニング

Microsoft office2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続 したWindows7或いはwindows8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます。
Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、office personal 2013、office Home & Business 2013、office professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。windows7に比べ、office 2013はwindows8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。office 2013はoffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はoffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、office 2003ユーザがoffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。
*1

*1:office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。 タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。

最安価格で自分に合ったoffice 2016をダウンロード·購入·認証する方法

MS Office Mac
2015年9月下旬にwindows版とMac版のoffice2016は同時に発売された。

Mac版は半年前にプレビュー版が発表され、筆者はこれまで使ってきました。macインターフェイスwindowsインターフェイスは全く同 じで、初めてMACに触れる方でも簡単に使えます。パッケージ版(POSA/ダウンロード版)とoffice365購読版は既に正式発売され、それで複数 のオプションを前にして、自分に合ったバージョンをいかに選択すれば良いのでしょうか。

office 365 soloは個人と家庭用に向く一方、企業用の場合、office 365 businessのほうが向きます。word、excelpowerpointなど常用アプリケーションさえあれば、十分に仕事できます。しかし office 365のバージョンが多く、バージョン間の相異点もあり、officeを購入する場合、どのバージョンが最も経済的なのでしょうか。それでは、バージョン の相異点を説明します。

Office 365 soloとoffice 365 businessはそれぞれ個人と企業向きで、機能において相異点があるが、企業でも個人でも購入可能です。本文では機能上の相異点を紹介します。

機能 Office 365 solo Office 365 Business
Word ○ ○
Excel ○ ○
PowerPoint ○ ○
Outlook ○ ○
Publisher ○ ○
OneNote ○ ○
Access ○ ×
OneDirve 1TBまで 1TBまで
Skype無料通話 60分間の無料通話 ×
インストール可能台数 2台 5台
費用 月間契約:1,274円(月)
年間契約:12,744円(年) 月間契約:1,166円(月)
年間契約:11,664円(年)
Office 365 soloとoffice 365 businessの2つのバージョンの比較を通じ、以下の結論を出しました。最新版のofficeはWindowsMAC環境において使い方が同じだ が、solo版はaccess 2016が利用可能で、business版はaccess 2016を含みません。

Onedirveの使い方が同じように見えるが、実はOneDirveとOneDirve for businessのサーバ機能に関して相異点があります。

Micorosoftの公式説明により、この機能が今後統一化されるそうです。しかし、現在無料版onedirveを使っている方は、onedirve for businessの利用ができない点は注意してください。

Skypeの通話機能はよく電話をかける方に役立つが、Skypeで通話する場合、費用が発生するため、あまり電話かけない方には、さほど必要ではないです。

新版office最大の相異点はそれぞれ2台又は5台(pc又はMac)にインストール可能で、3台以上のpc又はmacを使う場合、office 365 businessを購入するほうは経済的です。

2014年から、microsoftはユーザに向けて購読版のoffice365をプッシュし、発売当初のoffice 2016はパッケージ版の販売のみが行われました(2016年以降、それぞれPOAS/ダウンロード版と呼ばれるようになりました)。

調査により、新版office購入数の一番多いバージョンは[office home & business 2016]だとわかりました。5年間使用する場合の費用を比較してみました。

年数 Office 365 solo Office 365 Business パッケージ版
1年目 12,744円 11,664円 37,584円
2年目 25,488円 23,328円 37,584円
3年目 38232円 34,992円 37,584円
4年目 50976円 46,656円 37,584円
5年目 63720円 58,320円 37,584円
パッケージ版は一括払いで永続利用可能なので、購入時の費用がやや高いが、それから一切費用が発生しません。office 365は購読版で、使い続ければ、月々microsoft社に月額を支払う必要があります。soloとBusinessは1年間の時間差があるため、 それぞれの費用も異なり、メリットとデメリットとしての費用も違います。比べてみたら、【office home & business 2016】は4年以上使い続けなければ、経済的とは言えません。しかもこの4年間にわたり、officeの必要性はともかく、4年以内にofficeの次 のバージョンも発売されるため、アップグレードすれば、パッケージ版は新版officeの特権を利用できなくなります。

Officeアプリケーションをアップグレードする必要があるのでしょうか?

pcユーザは誰でもofficeを使っており、欠かせないプラットフォームとして、特に商業用途の場合、簡単にアップグレードするわけがありませ ん。windowsにおいて古いバージョンのofficeは相変わらず安定に作動できますから。Macの場合、話は別です。これまでの数年に、OS Xは毎年アプリケーションをアップグレードし、4年間使えば、OSが少なくとも3回程度アップグレードされたはずです。pcの場合、機能的アップグレード が続くとは言えないが、officeはmicrosoft社に開発され、windowsにおけるofficeの機能がMacのofficeを上回ります。

それで、windows環境において、officeを長期使用する場合、パッケージ版を購入するほうが経済的で、mac版に比べ、やや費用が高いの です。Mac環境においてoffice 365 businessのほうが経済的です。例えば、Mac版を使用する場合、Accessがいらなければ、office 365 businessを購入したほうが良いです。Accessを使う場合、office 365 soloを購入すればよいです。これで毎年10,800円の料金となり、officeの次のバージョン発売時、無料で最新版officeが利用可能です。 mac版のoffice 2016とwindows版のUIが統一化されたため、使用においてさほど差がなく、簡単に使えます。

以上、使用においてofficeに関する個人的な考えです。実際の購入にあたって、ご参考までに。

Office for Mac 2016無料試用版のダウンロード

0Microsoft Office 2016 for Mac無料体験版は、Microsoft Office2016を60日間無料で体験することができます。 最新版を利用したい場合は、別のバージョンMicrosoft Office365 Soloの無料お試し版(体験版)をダウンロードすると、最新版を無料で利用することができます。

Microsoft Office365 Solo無料お試し版(体験版)では、ダウンロードする前に予めMSMのアカウント(Microsoft公式サイトのアカウント)が必要になります。 MSNは、Microsoftが提供しているサービスのアカウントです。 アカウントそのものは、年間無料で登録無料ですので、料金発生はありません。 サービスの1つのOutlook.com(オンラインメールサービス)とアカウントが連動しているので、すでにOutlook.comでアカウント取得している場合はそのアカウントで進めることができます。

f:id:winofficestore:20170613150223p:plain

種類 特徴
Office 2016
  • 対応OS:WindowsMac OS
  • 買い切り(永続利用可)
  • 次期バージョンへのアップグレード不可
  • 1ライセンスでPCまたはMac2台
Office 365

購入するならMicrosoft StoreまたはAmazonをおすすめします。単純に一番安く買いたいならAmazonのダウンロード版(オンラインコード)です。Microsoft StoreよりもAmazonのほうが約1割程度安いです。

 Amazonと比較してMicrosoft Storeの利点は、返品可能な点(後述)と提携サイト経由で購入することでTポイントやマイレージなどのポイントを貯めることができる点です。

 また、割引キャンペーンやクーポンが使える場合、それらも考慮して検討したほうが良いでしょう。

 返品について注意点をまとめておきます。

ダウンロード版はAmazonでも家電量販店でも返品不可

Microsoft Storeなら30日以内はダウンロード版でも返品可能

カードにオンラインコードが印刷されたパッケージ版は返品可能(ただし価格はMicrosoft Storeと同価格)

 なお、Microsoft Storeで返品する際は電話連絡が必要です。その点は手間がかかりますが、インストールがうまくいかない、期待通りに動かないなどのトラブルがあっても返品可能な点は大きいです。返品等のアフターケアに関しては、こちらのMicrosoftのページでご確認下さい。

 2017年05月15日現在のMicrosoft StoreとAmazonのそれぞれの商品の価格(ダウンロード版のみ)を以降にまとめました。価格のリンク先は各商品の購入ページに飛ぶようにしています。表記の価格は割引キャンペーンとクーポン適用前の価格です。

 

販売形態は3種類ですがOffice PremiumとOffice Mobileは、いろいろ違うので分けます。

  • 従来のパッケージ版に代わるPOSAカード版/ダウンロード版
    • 店頭でのダウンロードカード、オンラインショップでのダウンロードでの販売0
    • ネットワーク環境が必須
    • 買い切りの永続ライセンス
    • デスクトップ版Officeが利用可能
    • 従来バージョンからのアップグレード版は無し
    • 次期バージョンへのアップグレードは不可
    • 単体プロダクトでの購入が可能
    • Officeパッケージに含まれないVisioやProjectは単体ではこの方法でしか購入できない
    • Office 365サービスは利用不可
    • Office 365サービスを使いたい場合は「Office 365サービス」は使えず「Office 365 Solo」を購入する必要がある
  • パソコンへのバンドル版(Office Premium)
    • 画面サイズが10.1インチ以上のパソコンにバンドルされる
    • ネットワーク環境が必須
    • 含まれるプロダクトの違いで3種類
    • バンドルされたPCで使うための永続ライセンス
    • デスクトップ版Officeが利用可能
    • Office Mobileは1年間の限定ライセンス
    • 1年間のOffice 365サービスが付属
    • Office 365サービスを延長しない場合はOffice Mobileの利用権を失う
    • デスクトップ版Office本体は常に無料でアップグレード可能
  • パソコンへのバンドル版(Office Mobile)
    • 画面サイズが10.1インチ以下のパソコンにバンドルされる
    • ネットワーク環境が必須
    • Office Mobileは1年間の限定ライセンス
    • デスクトップ版Officeは含まれない
    • 1年間のOffice 365サービスが付属
    • Office 365サービスを延長しない場合はOffice Mobileの利用権を失う
  • 完全サブスクリプション
    • Office 365 Soloの1種類
    • ネットワーク環境が必須
    • 契約中のみ利用できる期間限定ライセンス
    • デスクトップ版Officeが利用可能
    • Office Mobileも期間限定ライセンス
    • Visio Pro for Office 365などを追加することが可能
    • Office 365 Soloの契約が切れた時点でOfficeの使用権を失う
    • 月々払いと1年分一括払いの2種類の支払い形態
    • 契約の更新に「Office 365サービス」は使えず「Office 365 Solo」を購入する必要がある
    • Windows 10に付属する「新しいOffice」から契約するとこのタイプとなるOffice.comから契約するとこのタイプとなる
Office 価格 Office 2010 価格 Office 2013 価格 Office 2016 価格 Office Mac 価格 Office 365 価格 Office 2011 価格 Office for Mac 価格 Office ダウンロード Office 2010 ダウンロード Office 2013 ダウンロード Office 2016 ダウンロード Office Mac ダウンロード Office 365 ダウンロード Office 2011 ダウンロード Office for Mac ダウンロード Office プロダクトキー Office 2010 プロダクトキー Office 2013 プロダクトキー Office 2016 プロダクトキー Office Mac プロダクトキー Office 365 プロダクトキー Office 2011 プロダクトキー Office for Mac プロダクトキー Office 販売 Office 2010 販売 Office 2013 販売 Office 2016 販売 Office Mac 販売 Office 365 販売 Office 2011 販売 Office for Mac 販売 Office 購入 Office 2010 購入 Office 2013 購入 Office 2016 購入 Office Mac 購入 Office 365 購入 Office 2011 購入 Office for Mac 購入 Office 正規品 Office 2010 正規品 Office 2013 正規品 Office 2016 正規品 Office Mac 正規品 Office 365 正規品 Office 2011 正規品 Office for Mac 正規品 Office アクティブ Office 2010 アクティブ Office 2013 アクティブ Office 2016 アクティブ Office Mac アクティブ Office 365 アクティブ Office 2011 アクティブ Office for Mac アクティブ Office アカデミック Office 2010 アカデミック Office 2013 アカデミック Office 2016 アカデミック Office Mac アカデミック Office 365 アカデミック Office 2011 アカデミック Office for Mac アカデミック