Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!

最新版「Office 2016」が登場。通販・価格比較・製品情報をまとめました

Office Mac 2016ダウンロード版(プロダクトキー/認証)は遂に発売!各Mac版Officeの機能と価格比較

商品名 Office 365 Premium Office 365 Solo
価格 Office 365 Premium 価格:¥ 7,900/1 年間(Win10mall) Office 365 Solo価格:¥ 12,744/1 年間(Microsoft Store)
インストール数 5 台の PC または Mac 2 台の PC または Mac
Office スイートの内容 Word、ExcelOutlookPowerPointOneNote、Publisher、Access Word、ExcelOutlookPowerPointOneNote、Publisher、Access
Macに適用

Office 2016にアップグレード可能

Office for Macを含む


Office 2016にアップグレード可能

Office for Macを含む
















Office 365 Solo 価格(Microsoft Store 日本): ¥12,744/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/office-365-solo
 
Office 365 Solo 価格(Amazon.co.jp): ¥11,581/1 年間, 2 台の PC または Mac
    購入アドレス:
    http://www.amazon.co.jp/Microsoft-Office-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E3%80%91/dp/B00O2TXF8O


Office 365 Premium激安価格(Win10mall.com): ¥7,900/1 年間, 5 台の PC または Mac
     購入アドレス:
   

  • 终身授权(永続ライセンス):

    一部の古いバージョンのOffice for Macは終身利用可能だが、最新版のOffice For MAC 2016にアップグレードできません。
商品名 Office for Mac Home and Student 2011 Office for Mac Home and Business 2011
価格 Office for Mac Home and Student 2011 価格:
¥9,999/永続ライセンス(win10mall)


¥18,360/永続ライセンス(Microsoft Store)
Office for Mac Home and Business 2011価格:

¥12,999/永続ライセンス(win10mall)


¥35,460/永続ライセンス(Microsoft Store)
インストール数 Mac 3 台 Mac 2 台
Office スイートの内容 Word、ExcelPowerPointOneNote Word、ExcelPowerPointOneNoteOutlook
Macに適用 Office For MAC 2011 Office For MAC 2011




















Office for Mac Home and Student 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥18,360
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac


Office for Mac Home and Student 2011激安価格(Win10mall.com): ¥9,999
    購入アドレス:
  


Office for Mac Home and Business 2011 価格(Microsoft Store 日本): ¥35,460
    購入アドレス:
    https://products.office.com/ja-jp/buy/compare-microsoft-office-products?tab=omac


Office for Mac Home and Business 2011激安価格(Win10mall.com): ¥12,999
    購入アドレス:




激安!Office Mac 2011/2016 ダウンロード版(プロダクトキー/認証)


第1のラインナップとして、学生とファミリー向けの、Office for Mac Home and Student 2016いうシリーズがあります。

 学生用ですが、べつに学生証などの提示は求められません(家族版と共用だからです)。 WordとExcelPowerPointがパッケージされています。

 このパックは、2ライセンスですから、2台までインストールする権利があります。オンラインでのアクティベーション(認証)により台数を管理するので、ライセンスキー1つで2台までインストールできるという仕組みです。

 なお、現在パッケージ版は未発売であり、ダウンロード版のみです。ただ、今後発売されるだろうパッケージ版についても、認証コードのみ付属で、インストール用のメディアは添付されない見込みです。

 ご存じのように、最新のMacbookiMacは、CD/DVDドライブが搭載されないようになっていますので、このような方式は時代の流れなのでしょう。

Office 2016 for Mac 発売価格


Office MAC 2016


Office 2016 for Mac 買い切り型、購読版価格

2015年の中頃に、Microsoft社はwindows版のofficeの発表より先んじて、Mac版のoffice 2016を発表しました。新バージョンのoffice 2016 macOneNoteを含みます。(無料版のOneNoteMacのOSにて使えます)

今日は新バージョンのOffice 2016 for macに関する2つのポイントを見てみましょう



1 価格はどうですか?

2 microsoft officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか




価格はどうですか?

ご覧の通りに、office 2016 for mac の価格をまず見てみましょう

本文はoffice 2016 for mac の機能説明ではなく、価格と購入方法に焦点を当てます。

では、office 2016 for macはいくらでしょうか?

1,274(税込み)。

即ち、これはoffice macの購読版価格であり、月額制です。

しかし、home and businessやhome and studentなどほかのバージョンはどうでしょうか。これまでoffice for macのバージョン選択に悩んでいる方が多いようです。




Microsoft Officeはどうやって買切り型から購読版にシフトしますか

office 2016 mac home and business



購読版、通称サブスクリプションです。最初のうち、Microsoft officeは数万円を一括払いしてofficeのパッケージとライセンスを購入する必要があり、2011年から大量PCを持つ企業に向け、「購読型」Office——Office 365が発表されました。契約期間中に複数のPCにインストール可能です。

Office 365は最初個人バージョンのサービスを提供していなかったが、去年10月から、office365は個人バージョン向けのサービス、office 365 soloを正式発売しました。

Office 365 soloは使用契約期間中に、2台のPC又はMacに全ての最新officeアプリケーションをインストールと使用することが可能です。

office mac home and business

特別な点として、1つの「購読アカウント」はMacwindows両方にて利用可能です。

私のようにmacを使いながらwindowsを使っているお方が多いと思います。macにもwindowsにもmicrosoft officeを使うため、高価なmicrosoft officeのmacバージョンとwindowsバージョンをそれぞれ購入するしかありません。しかしoffice365の場合、購読を1回すれば、同時にmacwindowsにて利用可能で、office 365 soloはまさしくwindowsmacダブルユーザに向きます。

最新のofficeアプリケーションといえば、これまで、macにはoffice for mac home and business 2011しかなく、windowsにはoffice 2013 professionalのアプリケーションしかありません。

それでoffice 2016 for mac の発売につれ、office365 soloにおいて利用可能なmacバージョンはoffice 2016に変わります。

microsoft office は不定期的に新バージョンを発表するため、ユーザは新バージョンを購入又はアップグレードするしかありません。

バージョンのアップグレードにより、次々とOffice 2004 for MacOffice 2008 for Mac、Office for Mac 2011を購入したmacユーザが大勢います。即ち買切り型でも、永続使用可能ではなく、最終的にmicrosoft社にお金を払うしかありません。それで、最新のofficeアプリケーションを入手するには、購読版のoffice365 soloは欠かせません。実は個人でmicrosoft officeを購入しようとすれば、office365 soloのほうが経済的です。特にwindowsmacダブルユーザの場合、office365 solo以外のベストチョイスがありません。office 365 soloの発売につれ、これまでの買切り型バージョンはどうなるのでしょうか。その変化は注目に値します。

Office 2016の発売初期には買切り型がなく、購読版しかありませんでした。

買切り型の時代が終了し、新しいサービスの時代を迎えてくるかもしれません。

買切り型から購読型へと変更する製品はmicrosoft officeのみならず、adobe傘下のシリーズアプリケーションも同じ戦略をとっています。

Office 365

本文出所:http://blog.livedoor.jp/msofficeformac/


MS Office新製品の価格、Office 2016、Office 2013、Mac版Office格安 入手



種類

アプリ

Microsoft Store

Amazon

MsWinOffice.com

Office 2016 Personal

Office 2016 Home & Business

Office 2016 Professional

Office 2016 for Mac Home & Student

Office 2016 for Mac Home & Business

Word、Excel
Outlook

Word,Excel,
PowerPoint,
OneNote,Outlook

Word,Excel,
PowerPoint,
OneNote,Outlook,
Publisher,Access

Word,Excel,
PowerPoint,
OneNote

Word,Excel,
PowerPoint,
OneNote,Outlook

32,184

37,584

64,584

25,704

37,584

29,252

34,160

58,703

23,361

34,160

16,000

16,000

16,000

9,800

9,800

比較2017' 必要ソフト別Office 2016の選び方と激安購入法

 オフィスソフトを「お買得」に購入しようとする場合、ワード・エクセル・アウトルック・パワーポイント・OneNote・パブリッシャ・アクセスのうち、自分が真に必要なソフトをまず考えてください。

 基本的な「選び方」を解説しておきます。

 初めてパソコンを買われる初心者の方は、少なくともワープロソフトであるところのワードは必要でしょう。パソコンを仕事に使わないのならば、Wordだけでも良いと思います。

 ただ、大学生の場合と、仕事に使う場合は別です。表計算ソフトのExcelは、仕事では絶対に必要なソフトです。また、大学生なら文系でも、理系でもリテラシーの授業などでは必要です。

 プレゼンテーション作成ソフトのパワーポイントも、企業では営業職には必要でしょう。また、大学の授業のプレゼンでも使う場合があります。。


Microsoft Officeを激安で買うその方法とは?

MicrosoftのOfficeって高いですよね。
正規で買うと一番安いPersonalでも2万円以上します。

パソコンを買った後で、自分のPCに入っていないから買おうと調べて愕然としました。
新しくパソコンを購入するときも、Office入っているのと入っていないので値段が2万円くらい変わってきます。
正直ちょっと2万円は高すぎるなーと思います。

調べてわかったのですが、実はOffice格安で買えてしまいます。



マイクロソフトOfficeを正規に安く買う方法

買い方のコツ

値段が日によってコロッコロ変わるので安いタイミングを見計らって買うこと。土日に安いことが多い気がする。
クーポン割引、も全部チェックする。クーポンはどれか一つでは無くて全部使えることが多いので、全部メモ。これも日によってコロッコロ変わる。週替わりぐらいで期限が明示されている。
購入時には、インストールする先のPCやマイクロソフトアカウントなどの準備は不要です。

気を付けること

新しいオフィスのバージョンが出ると、ダウンロードできなくなってしまうことがあるのでその前にダウンロードしてディスクにでも焼いておく。
インターネットの接続環境が必要です。
インストールにてこずる時は、マイクロソフトのお姉さんが教えてくれます。基本的には、アマゾンで購入後に表示されるシリアルコードをメモっておいて、インストール時にコピーするだけです。
間違えてオーダーしてしまった時に返品は出来ません。クーポンが上手く適用できなかった場合には、アマゾンのお姉さんに直接電話で相談すると、解決してくれることがあります。


Office 365 solo/Businessの違いとパッケージ版との価格を比較

Officeのバージョンアップをどうするかという問題は、非常に悩ましい。

恐らくPCで仕事をするほぼ全ての人が使っているOfficeアプリーケーションは、もはやプラットフォームとも言え、特に法人での利用は安易にバージョンアップ出来ない。だが、Windows版であれば古いバージョンを長く使っても比較的安定して使う事が出来る。

2017年時点で利用者が一番多いMicrosoft製品は、Windows XPからの移行先として多くの法人が選択した、Windows 7とOffice 2010という組み合わせ。

つまり、Windowsにおいてはかなり古いバージョンがスタンダードというのはわりと一般的な話だ。
Mac版Officeを使うなら、常に最新版を使い続けた方が良いと思う。

なので、Windows版を使用する場合、パッケージ版を長く使う事で価格的なメリットが出るが、Mac版の場合はちょっとリスクが高いため、多少費用はかかってもOffice 365にした方がよいと僕は思う。

Access(アクセス)の購入と価格について説明します

Accessを購入するには、WordやExcelなどが含まれた、Office製品など、いろいろな種類がありますので、内容を理解して購入するようにした方が良いと思います。
最近では、「Access2013」などの販売価格が「Access2016」より、かなり高くなっていますので、新規に購入される場合は、「Acess2016」の方が良いと思います。
「Access2016」を購入する場合、Word、Excelなどの、他のOffice製品と一緒に購入すると安い場合があります。

「Office Premium」は、新規のパソコンにOfficeがプレインストールされています。
搭載パソコンだけ、Word、ExcelPowerpointAccessなどを、永続的に使用することができます。

アップグレード版が廃止された「Office2013」を格安で入手する方法

なんと、アップグレード版も無償アップグレードの対象製品に含まれているのですね。つまり、Office2010のアップグレード版と同じ価格でOffice2013をゲットできるのです。

ではそのOffice2010アップグレード版の入手方法ですが、マイクロソフトのストアでは定価で販売されているためここで買うのは得策ではありません。PCショップなどでも販売されていますが、もっともお手軽なのはアマゾンでダウンロード版を購入する方法でしょう。たとえばHome and Businessのダウンロード版なら1万9816円で購入できるので、かなりお得です。

以下にアマゾンでのアップグレード優待ダウンロード版の価格を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
キャンペーン期間は新しいOfficeが発売される前日までとのこと。まだ発売日は確定していませんが、2013年の上四半期、つまり1~3月あたりに予定されています。Office2010のアップグレード版がひとつ余ることになりますが、Office2013を新規購入してもラインセンスがふたつわけなので同じことかと思います。

なお所有しているOfficeの種類やエディション、環境によっては無償アップデートできない場合があります。あらかじめマイクロソフトのサイトで利用条件をよく確認しておいてください。期日間近になって慌てて購入すると、大きな間違いをしてしまう可能性がありますよ。そこまでは責任をもてませんので、くれぐれもよろしくお願いいたします。

MS Office 2016 for Mac のライセンス認証-ダウンロード製品

関連のバージョン:
Office Home & Business 2016 for Mac 永続版
5種類の Office 2016 アプリケーションを使える永続版。

Office Home & Student 2016 for Mac 永続版
4種類の Office 2016 アプリケーションを使える永続版。

Office Academic 2016 for Mac 永続版
5種類の Office 2016 アプリケーションを使える永続版を学生、教職員向けにお得な価格で提供。

Office 2016 for Macライセンス認証できない。

Office 2016 for Macをインストールしたのですが、お約束のトラブル発生!
動作自体はするのですがアカウント認証が通りません。
”同じ組織の別アカウントが既にサインインしています。”このメッセージが出て
認証されないのです。
Office 2011 for Macもサポートの手順通りアンインストールし、Office 2016 for Macも手順通りアンインストールしてインストールを数回試したのですが現象は変化しませんでした。
もしや、サブスクリプションライセンスのユーザー付け替えがダメだったのかな?
もう1ヶ月以上前に変更して、Windows版のOffice 2013は認証変更出来てたしそれは考えにくいと思うのだけれど。

結局、電源を入れたまま一晩放おっておいて翌朝再度認証をしたところ
今度は無事に認証されました、一体何だったのでしょうか?

サブスクリプションは1ライセンスしか持っていないので別アカウントはそもそも認証されないと思うのですがそうでもないようです。

Windows Officeのライセンスを他のPCに移す方法

ここでは、ライセンス移行に関して、Microsoft社の条件(前提)と、ライセンス移行に関する流れを記しています。細かい詳細などで不明点があれば、MicrosoftホームページもしくはMicrosoft社にお問い合わせください。
Microsoftのライセンス移行に関する見解

Microsoftのライセンス移行に関する見解について」

以下、Microsoftのホームページより抜粋しています。
Microsoft Office製品は、原則として1台のコンピュータにのみインストールすることが認められています。但し、Microsoft Officeがインストールされらコンピュータを使用する特定の1人が専用に使用するという条件において、別のノート型コンピュータなどの携帯用デバイス1台に、インストールすることが認められています。「携帯用デバイス」とは、形状の問題ではなく、形態の用途として使用するコンピュータを指しています。2台のコンピュータがともにノート型コンピュータの場合は、使用する人が特定の1人に限られており、かつ主に使用するコンピュータと携帯用のコンピュータであれば、インストールは可能です。2台以上のデスクトップ型コンピュータへのインストールや、不特定の人が使用したり、携帯用でない2台のノート型コンピュータへのインストールは認めたれていません。また、コンピュータやハードウェア購入時に既にインストールまたは添付されていたOEM版のOfficeに関しては、同梱されたコンピュータ以外では使用することはできません。詳細につきましては、製品に付属されている使用許諾契約書をご確認ください。複数台のコンピュータにOffice製品をインストールする場合、ボリュームライセンスパッケージでの購入をお勧めいたします。』

これは、原則、1台のコンピュータにしかインストールすることはできないですが、使う人が「この人」と決まっていて、他の人が使わないのであれば、別に1台まではインストールして良いですよ。ということです。ただし、ノート型パソコンであればOKで、デスクトップ型パソコンであればNGです。当然、別の人が使用するのであればNGということです。

ライセンス移行する手順

まず、移行できるライセンスと移行できないライセンスとがあります。使っているMicrosoftOfficeが古いパソコンに付属していたOEM版のOfficeの場合はライセンス移行することはできません。パソコンとは別に購入したパッケージ版のMicrosoftOfficeを使っている場合であれば、ライセンスを移行することができます。流れとしては、
①使っているパソコンからMicrosoft Office製品をアンインストールします。
②次に、新しく使うパソコンにMicrosoft Office製品をインストールします。③最後に、新しく使うパソコンでライセンスを認証します。 

「①アンインストール」→「②インストール」→「③認証」の流れです。①「使っているパソコンからMicrosoftOffice製品をアンインストールする」については、まず注意いただきたいのが、アンインストールせずに新しいパソコンにMicrosoftOfficeをインストールしてしまうとライセンス違反になります。アンインストールは、スタートメニューでプログラム一覧を表示します。プログラム一覧から該当のMicrosoftOffice製品のところで右クリックし、アンインストールをクリックすれば、製品のアンインストールが始まります。 

次に、②「新しく使うパソコンにMicrosoftOffice製品をインストールする」についてです。インストールの場合は、付属していたDVDを利用するか、DVDが付属していなかった場合は、インストール用のソフトウェアをダウンロードしてインストールします。どちらの方法もプロダクトキーが必要になります。 

次に、③「新しく使うパソコンでライセンス認証をする」についてです。インストールが完了すると、「MicrosoftOfficeライセンス認証ウィザード」画面が表示されます。もし表示されない場合は、ファイル→ヘルプ→ライセンス認証をクリックします。表示されたら、「ソフトウェアのライセンス認証をインターネット経由で行う」を選択し「次へ」をクリックしましょう。このインターネット経由での認証に失敗した場合は、「ソフトウェアのライセンス認証を電話で行う」を選択し、「次へ」をクリックしましょう。次の画面で、言語日本語を選択し、表示される電話番号に電話すると、音声ガイダンスが流れます。そのガイダンスにそって手続きを進めてください。

次に、ウィザードに表示されているインストールIDの入力が必要になります。インストールIDを入力すると、確認IDを入手できます。ウィザードに入力して「次へ」をクリックすれば手続きは完了です。ファイル→ヘルプ→ライセンス認証されたことを確認することができます。ライセンス認証は、匿名の手続きになり、ほとんどの場合は、認証手続きで必要なのは、ソフトウェアによって自動形成されるインストールIDだけです。個人を特定されるような情報は要求されることはありません。インターネット経由でのライセンス認証の場合、手続き完了までの時間は1分未満です。電話によるライセンス認証の場合は、ライセンス認証窓口が認証手続きを補助してくれます

MacへのOfficeのインストールにつきましては、

コンピューターのタイム ゾーン設定が日本標準時に設定されている場合に、
Office365で使用するためのOffice for Macをアクティブ化出来ない
という問題が生じているようです。

また、Office for Mac のインストール後、プロダクト キーの入力が求められ、
[Sign in to an existing Office 365 subscription]
(既存の Office 365 サブスクリプションにサインイン) オプションが表示されないという問題も生じています。

大変お手数をお掛け致しますが、この問題の回避方法として以下のことをお試し下さい。

【問題回避方法 手順】
1.すべての Office for Mac 2011 プログラムを終了します。

2.以下の手順に従い、タイム ゾーンの設定を [東京-日本] 以外の時間帯に変更します。
a.[システム環境設定] から [日付と時刻] を開きます。
b.[時間帯] タブをクリックし、[最も近い都市] ボックスに日本以外の都市を選択します。

3.Office for Mac 2011 プログラムを開始します。
[Sign in to an existing Office 365 subscription]
(既存の Office 365 サブスクリプションにサインイン) オプションが表示されます。

4.Office 365 にサインインし、Office for Mac をアクティブ化します。

5.タイム ゾーンの設定を [東京-日本] に戻します。

ということです。メールの本文では2011と記載されていましたが、2016もこの方法でOKです。どうやら2011のときも同様のエラーがあり、そこから改善されていない…という噂も聞こえてきました。

とにかく、この方法でバッチリ認証され、自由にOfficeを使えるようになりました。メインマシンを新調したこともありますが、今のところ何のストレスもなく気持ちよく使えています。デザインも僕は好みです。Office365のライセンス認証で困っている人がいたら、試してみてください。

Office2016 for macのパッケージ版を買っているのに毎回認証を求められる

仕事で使うので、Microsoft Office 2016 for macのパッケージ版を買っているのだけど、毎回、ライセンス認証を求められるので、今はそういうものなのだと思ってたのだけど、毎回2回認証しないと通らないので、なんとかならないかと思ってMicrosoftのサポートを探したけど、電話番号が見つからなくあきらめてた。


今日、たまたま電話番号が見つかったので、電話をしてみたところ、以前にPreview版を使っていたので、その認証情報が残っているせいでライセンス認証が求められるのだろうということで、Microsoftのサポートの人の自分のパソコンをリモートで接続してもらって、Officeの再インストールをしてもらった。Officeの再インストールは自分でも過去に行っていたのだけど、ただOfficeを削除するだけでなく、ライブラリに入っている設定情報(com.microsoftで始まる設定ファイル)も全て削除しないとダメなのだとか。


サポートのお姉さんに再インストールしてもらって、ようやく再認証することなくOfficeを起動できるようになった。

Office Home Business 2016 for Mac を購入-WinOfficeStore

Office2016の価格

Office 365 Solo 価格:12,744円/(1年)
Office 2016 Personal 価格:30,575円
Office 2016 Home & Business 価格:35,705円
Office 2016 Professional 価格:61,355円
Office 2016 Academic 価格:30,024円

2台までのMacWindowsで使える

私のようなMacユーザーにとって大きなメリットはこれです。

今まではMacWindowsの両方でOfficeを使うためにOffice for MacWindows用のOfficeを別個に購入してきました。

Office 365 SoloであればMac 2台、MacWindows 1台づつ、Windows 2台と柔軟に対応できます。

常に最新のOfficeが使える

マイクロソフトOfficeは大体3年で新しいバージョンが発売されます。

自分では新しいバージョンなど使う気がなくても、まわりが新しいバージョンを使いはじめると自分も新しいバージョンに切り替えざるをえません。

永続ライセンス版(従来からある買い切り型)のOfficeではこの場合、新しいバージョンを購入する必要があります。

しかし、Office 365 Soloであれば常に最新のOfficeを使うことができます。

そして現在の最新版、つまりOffice 365 Soloで使えるバージョンがMacWindows共にOffice 2016なのです。

2017年最新のMac用のオフィスソフトをお得に購入する場合におすすめなモデルはどれ?

Microsoft Office 365 Solo(1年版)
 大容量のオンラインストレージが欲しい場合や、ParallelsなどでWindows用のOffice2016も併用したい場合は、時限ライセンス版のMicrosoft Office 365 Soloを購入するのが最も良い選択肢です。

 とくに、Office for Mac Home and Business 2016については、約3倍の価格の開きがあります。Windows用のOfficeは少なくとも3年周期で新しいバージョンが出ています。時限ライセンス版の場合、更新時に新しいソフトに無料でアップグレードできますので、数年後に買い直すよりは、最終的にはお買得でしょう。

単体版のOffice Mac 2016を買いました

今回私が購入したのはスタンドアローン版(単体版)のMac用Office 2016ですが、MacでOffice 2016を使いたい人の選択肢としては他に「Office 365 Solo」があります。
両者の違いですが、まず私が買った単体版の「Office Mac Home and Student 2016」は
◆買い切り型(最初に購入代金を支払うのみ)。
◆「Excel」「Word」「PowerPoint」のパッケージ(のはずだけど、なぜか「Outlook」も入ってた)
という特徴です。通常のソフトと同じで、最初にライセンスを購入して、そのライセンスがずっと有効だということになります。

「Office 365 Solo」

という特徴です。年払いか月払いでライセンスを購入する考え方。月払いよりも年払いのほうが安くなるし、Amazonで1年分ライセンス買ったらもっと安くなるので、年払いを選択する人が多いんじゃないでしょうか。

Office 365 Soloを買ったほうがお得なパターン

私は単体版を買いましたが、「こういう人はSoloを買ったほうがお得じゃないかな」というパターンがあります。Mac版のOffice購入を検討している方々、以下のパターンにあてはまらないかチェックしてみてください。

Macでエクセルを使用するのに必要な費用とWindows版との違い

現在の最新のバージョン「Excel2016 for Mac」のダウンロード版の価格は、マイクロソフトストアでが15,185円となっています。
ただ、私たちはよほどのことがない限りは、Excelだけを使うことはなく、たいていはWordやPowerPointといった他のソフトも並行して使いますよね。ですから、各ソフトをバラバラに購入するよりは、まとめてOfficeを買った方が結局はお得だと言えるでしょう。

最新版Microsoft Officeを安く買うには?試して買う?購入方法まとめ

最新版のMicrosoft OfficeはDVD-ROMでは提供されていません。自分でダウンロードする形になります。ライセンス形態が2種類(永続ライセンスと月間課金)に分かれたこともあり、どちらを購入するべきかも分かりにくくなっています。
2017年07月05日現在のMicrosoft StoreとAmazonのそれぞれの商品の価格(ダウンロード版のみ)を以降にまとめました。価格のリンク先は各商品の購入ページに飛ぶようにしています。表記の価格は割引キャンペーンとクーポン適用前の価格です。

Microsoft Office (最新)ダウンロード版製品の購入、Professional、Home and Business

マイクロソフト Microsoft Officeのオフィスソフト 人気売れ筋ランキング

マイクロソフト Microsoft Officeのオフィスソフト製品一覧 人気売れ筋ランキングの高い順!たくさんの製品の中から、価格やスペック、ランキング、満足度など、さまざまな条件を指定して自分にピッタリの製品を簡単に探し出すことができます。

Microsoft Office Professional(最新)|オンラインコード版|Mac/Win対応: ソフトウェア

Office 2016 と Office 2013 は同一 PC 内で共存することができない仕様となっておりましたが、製品の仕様を変更した Office 更新プログラムの配信が開始され、共存することができるようになりました。


ダウンロードの際、メーカーが運営するMicrosoftアカウントでログインが必要です。お持ちでない方は(microsoft.com/ja-jp/msaccount/)で作成ができます。


Microsoft Office 2013、2016、365、Office for Macなど製品ラインアップがずらり。オンラインコード、カード版をご用意。機能紹介やキャンペーン・セール情報まで。


ダウンロード製品なら購入後すぐに使えます。豊富な品揃えから毎日お安くお買い求めいただけます

Microsoft Office家庭用とビジネス用の違いは?おすすめは?

家庭用エディションとビジネス用エディションを提供しているMicrosoft Office。皆さんは2つのエディションの違いをご存知ですか?知っておくと意外にお得な情報が隠れていたりします。


そこで今回は、Microsoft Office家庭用エディションとビジネス用エディションの違いをまとめてみました。


f:id:winofficestore:20170719132739p:plain
エディションによって利用できるOfficeアプリケーションが異なりますね。ビジネスでも活用するというのであればPowerPointは必須かと思いますので、Home&BusinessかProfessionalを選択するといいでしょう。
f:id:winofficestore:20170719132859p:plain
一見してパッケージ版と同じように見えますが、最新バージョンへ常にアップグレードできたりOffice 365同様に1TBのクラウドストレージや60分のSkype無料通話が付与されます。(ただし2年目以降は有料)

家庭用ならOffice 365 Businessがおすすめ

ビジネス用エディションとして紹介しましたが、個人でも利用できるのでOffice 365 Soloより低価格なOffice 365 Businessがいいでしょう。

ビジネス用ならOffice 365から選ぼう

以前はボリュームライセンスでの導入が一般的でしたが、最近ではOffice 365を導入するユーザーが増加しているます。Officeアプリケーション以外にも便利な機能を提供していたり、モバイルを含めインストール台数が最大15台であったり、サーバの管理運用が必要なかったりと様々なメリットを提供しているのが最大の理由です。

Microsoft Office 2016とOffice Mobile

いかがでしょうか?手の込んだ編集を行うとなると使用できない機能もありますが、普通に編集する程度であれば申し分ない機能ではないかと思います。これが無料、あるいは低コストかつ最新のOffice2016やその他のアプリケーションと共に導入できるというのはかなりお得ですね。

また、Office365ではこれまでの面倒なライセンス管理から解消されるので、業務効率化や労働生産性の向上にもつながります。

ちなみに使用できるバージョンはiOSではver4.0以上、Androidではver4.0以上、もしくはWindows10となっているので各プラットフォームの対応バージョンに十分注意してください。

Office Mobileでモバイルビジネスを快適に、そしてOffice365でさらなる快適化を目指してみてはいかがでしょうか?

Officeのダウンロード版とパッケージ版

マイクロソフトOffice 2016より前のバージョンであるOffice 2013やOffice for Mac 2011にはパッケージ版とダウンロード版がありました。

しかし、サブスクリプション(購読)型のOffice 365の登場により、ダウンロード版やパッケージ版という言葉の意味合いが変わって来ています。
マイクロソフトOfficeの現在の主流は買い切り版という意味でのパッケージ版ではなく、サブスクリプション(購読)型です。

サブスクリプション型とはパッケージ版のように「購入」するのではなく、使用料を払っている期間だけ使うタイプのマイクロソフトOfficeです。

そのサブスクリプション型の中でも個人向けのものがOffice 365 Soloです。
サブスクリプション型であるOffice 365が登場してから「パッケージ版」という言葉が2つの意味で使われるようになったように思います。

まずサブスクリプション版ですが、これはマイクロソフトOfficeを「買い取る」のではなく、月額いくら、年額いくらで使う契約のことです。

このサブスクリプション版に対して従来の「買い取る」タイプのOfficeが「パッケージ版」と言われ始めました。

しかし、現在でも箱に入っているOffice 2013やOffice for Mac 2011を指す意味でも使われているので注意が必要です。

記事転載:Mac版Office 2016 激安セールス、無料トライアル30日

Office 365ユーザは最新版のOffice for Mac 2016をゲット!Office 365のサブスクリプションを契約するのみで、MacWindowsIOSAndroidバイスMS Officeを使用する権限、及び追加のOneDrive保存容量を取得することができます。


Office Home & Business 2016 for Mac(2MAC) セールス

原価¥37,584円のOffice 2016 for Macは現在9,800円に!マイクロソフトの公式サイトからダウンロード・インストールすれば、永続利用可能です。2台のMacで利用可能です。(こちらをクリックしてご購入いただけます



office 2016 for mac

原価¥12,744円の1年間サブスクリプション方式のOffice 365は現在9,800円のセールス価格に!2年間サブスクリプション契約のOffice 365のセールス価格は13,000です。5台のPCとMacで利用可能です。(こちらをクリックしてご購入いただけます




office 365

Office 2016 for Mac無料トライアル

マイクロソフト社の公式サイトからダウンロードしてインストールすれば、無料トライアルできます。トライアル期間終了後、Office 2016 for Macプロダクトキーを購入して製品をアクティブ化していただけます,Office 2016 for Macのアクティブ化は複数の方法があり、おすすめの方法としては、まずマイクロソフト社のアカウントを登録し、そしてsetup.Office.comにログインし、購入したOffice 2016 for Macのプロダクトキーとご利用のマイクロソフト社のアカウントを連動させ、そしてマイクロソフト社のアカウントでローカルのOffice 2016 for Macにログインすれば、Office for Macのアクティブ化ができます。この方法では、Officeを再インストールしてもそのままアクティブ化できる上、プロダクトキーの紛失もありません。


Office 365のユーザにとって、Office 2016 for Macのアクティブ化は非常に簡単です。365ユーザはOffice公式サイトからOffice for Macの最新版をダウンロードし,MacにインストールするだけでOKです。Office 365はOffice 2016 for Macの更新に対応しています。Office 365サブスクリプションは一連のOfficeアプリ及びオンラインのその他サービスを含みますから。当然、Office for Macも含まれています。それでOffice 365のサブスクリプション契約は賢明な選択肢と言えます。今後、マイクロソフト社が新しいバージョンを発表しても、別途購入する必要はありません。Office 2016 for Macを3年間使用する場合、Office for Macの単独購入価格は9,800円で、Office 365はその価格を上回ります。特別なニーズがない限り、Office 2016 for Macを単独購入するのをおすすめします。

記事出所:http://blog.livedoor.jp/msofficeformac/

Office 価格 Office 2010 価格 Office 2013 価格 Office 2016 価格 Office Mac 価格 Office 365 価格 Office 2011 価格 Office for Mac 価格 Office ダウンロード Office 2010 ダウンロード Office 2013 ダウンロード Office 2016 ダウンロード Office Mac ダウンロード Office 365 ダウンロード Office 2011 ダウンロード Office for Mac ダウンロード Office プロダクトキー Office 2010 プロダクトキー Office 2013 プロダクトキー Office 2016 プロダクトキー Office Mac プロダクトキー Office 365 プロダクトキー Office 2011 プロダクトキー Office for Mac プロダクトキー Office 販売 Office 2010 販売 Office 2013 販売 Office 2016 販売 Office Mac 販売 Office 365 販売 Office 2011 販売 Office for Mac 販売 Office 購入 Office 2010 購入 Office 2013 購入 Office 2016 購入 Office Mac 購入 Office 365 購入 Office 2011 購入 Office for Mac 購入 Office 正規品 Office 2010 正規品 Office 2013 正規品 Office 2016 正規品 Office Mac 正規品 Office 365 正規品 Office 2011 正規品 Office for Mac 正規品 Office アクティブ Office 2010 アクティブ Office 2013 アクティブ Office 2016 アクティブ Office Mac アクティブ Office 365 アクティブ Office 2011 アクティブ Office for Mac アクティブ Office アカデミック Office 2010 アカデミック Office 2013 アカデミック Office 2016 アカデミック Office Mac アカデミック Office 365 アカデミック Office 2011 アカデミック Office for Mac アカデミック