Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!

最新版「Office 2016」が登場。通販・価格比較・製品情報をまとめました

Microsoft Office 2019の過去3年間に追加された機能と購入方法をチェック !

Officeソフトは、2013、2016と3年ごとに更新されます。 最新バージョンは2019になっています。
過去3年間で機能がどのように変化したかを簡単に見てみましょう。

Office 2019の新機能

共通機能

共通機能として、Word、ExcelPowerPointでは、ペン、指、マウスを使用した新しい手書き入力、およびアイコンの挿入が可能です。 また、Office 2016のテーマカラーは「カラフル」、「濃い灰色」、「白」から選択されていますが、「黒」が新たに追加されています。 機能とは関係ありませんが、この色は人々を落ち着かせると思う人もいるので、気軽に変更してください。
 
ペンとインク機能の強化
アイコン
テーマカラー 黒

読み上げ機能と翻訳機能

Office 2019は、読み上げと翻訳機能が搭載されています。
操作メニューの「校閲」タブを選択して「読み上げ」を押すと、選択した部分が読み上げられます。 これは、他のタスクの実行中に音声だけで内容を理解できるため便利です。
また、[校閲]タブで翻訳を使用すると、選択した部分が翻訳されるため、英語だって怖くありません。
 
読み上げ機能
翻訳機能

3Dモデルによる視覚効果の改善

3DモデルをPowerPointに挿入して、プレゼンテーション資料を作成できます。 さまざまなタイプから多くの3Dイラストを選択できます。 フラットなドキュメントを3Dに変えることができ、視覚効果は非常に優れています。
 
アニメーション機能を使用すると、挿入された3Dモデルが踊り始めます。飛んだり跳ねたりバルスします。 難しいことはありません。 挿入したテキストまたは画像を選択して、アニメーションを追加するだけです。動きのある資料を見ることで、興味深い印象を伝え、学習の動機付けをすることができます。 プレゼンテーション中にSurfaceペンを使用する場合、ボタンを押してスライドショーをできことでスムーズに実行できます。
3Dモデル
种类齐全

新しいグラフと関数

Office 2019では、「ファンネルチャート」と「2Dマップ」が追加されました。 ファネルチャートは、段階的なプロセス(データを順番に生成する)などの数値を視覚化するのに役立ちます。
 
2Dマップデータは、地図グラフ上の各エリアのデータを視覚化できます。 指定したセルを選択してマップの描画を選択すると、数値データがマップデータに反映され、色分けされます。 使いやすい地図データです。
 
6つの新しい関数「CONCAT」、「IFS」、「MAXIFS」、「MINIFS」、「SWITCH」、および「TEXTJOIN」が追加されました。
ピラミッドみたいな形のじょうごグラフ
2Dマップグラフ
関数は新たに6つ追加

簡単な違い

オフィスは、パソコンを使用する人々にとって不可欠です。 Office 2019には3年前のOffice 2016より多くの機能がありますが、サポートされているWindows OSはWindows 10のみであることに注意してください。
 
Office 365 SoloとOffice 2019の主な違いは、Office 365 Soloは年間契約の最新のOfficeで常に利用できるのに対して、Office 2019は永続ライセンスとして1回購入できることです。
Office 365は、無制限のデバイス(最大5つの同時接続)にインストールできますが、Office 2019は2つのデバイスにインストールできます。
 
Office 2016のサポート期間は5年+ 5年延長、通常のOfficeのサポート期間は10年、Office 2019は5年+ 2年7年の延長サポートです。IT環境の進化が凄すぎて10年というのは厳しくなっているのかもしれませんね。
 
Office 2019、Office 2016、およびOffice 365 Soloの違いは次のとおりです。
  Office 2019 (Home and Business) Office 2016 (Home and Business) Office 365 (Office 365 Solo)
サポートOS Windows 10 または macOS Windows 7 SP1 以降 Windows 10 または macOS
メインサポート終了 2023/10/10 2020/10/13 常に最新版
延長サポート 2025/10/14 2025/10/14 常に最新版
ライセンス 永続ライセンス 永続ライセンス サブスクリプション
支払形態 買い切り 買い切り 月間/年間契約
機能の更新 固定 固定 継続的に追加
インストール台数 2台 2台 何台でも利用可(同時接続は5台まで)

Office 2019を購入する

まとめ

Office 2016からOffice 2019までの3年間、Officeはペン機能や3D画像の改善などの高度な技術と互換性があります。 Office 2019の機能の更新はありませんが、永続にライセンスを取得できます。
Office 2019がプレインストールされている場合、そのパソコンのみがOfficeを永続的に使用できます。 Officeを個別に購入する場合、Officeをパソコンとスマートフォンにインストールし、パソコンを使用してドキュメントを作成し、スマートフォンを使用して小さな修正を行うことができます。
合わせて読みたい!Officeに関する記事一覧
superofficeのブログ About OFFICE マイクロソフトAccess  
     
MS Office Access 2013/2016/2019 ダウンロード版 激安価格で販売しております! MS OfficeソフトMS Office 2013、2016、2019、Office for Mac、Accessなど製品についての情報を共有します。 Officeをもっと知りたい!Officeの価格、種類、最もお得な入手方法を紹介します。  
       
Office/Access/VisioについてのBlog Microsoft Office Access 情報 Office 2016 ダウンロード版.安く買える.Office Macを価格で安く入手!  
         
Office 価格 Office 2010 価格 Office 2013 価格 Office 2016 価格 Office Mac 価格 Office 365 価格 Office 2011 価格 Office for Mac 価格 Office ダウンロード Office 2010 ダウンロード Office 2013 ダウンロード Office 2016 ダウンロード Office Mac ダウンロード Office 365 ダウンロード Office 2011 ダウンロード Office for Mac ダウンロード Office プロダクトキー Office 2010 プロダクトキー Office 2013 プロダクトキー Office 2016 プロダクトキー Office Mac プロダクトキー Office 365 プロダクトキー Office 2011 プロダクトキー Office for Mac プロダクトキー Office 販売 Office 2010 販売 Office 2013 販売 Office 2016 販売 Office Mac 販売 Office 365 販売 Office 2011 販売 Office for Mac 販売 Office 購入 Office 2010 購入 Office 2013 購入 Office 2016 購入 Office Mac 購入 Office 365 購入 Office 2011 購入 Office for Mac 購入 Office 正規品 Office 2010 正規品 Office 2013 正規品 Office 2016 正規品 Office Mac 正規品 Office 365 正規品 Office 2011 正規品 Office for Mac 正規品 Office アクティブ Office 2010 アクティブ Office 2013 アクティブ Office 2016 アクティブ Office Mac アクティブ Office 365 アクティブ Office 2011 アクティブ Office for Mac アクティブ Office アカデミック Office 2010 アカデミック Office 2013 アカデミック Office 2016 アカデミック Office Mac アカデミック Office 365 アカデミック Office 2011 アカデミック Office for Mac アカデミック